会見終えた文大統領の国政支持率 反騰・下落行ったり来たり…世論調査によって大きな差=韓国

会見終えた文大統領の国政支持率 反騰・下落行ったり来たり…世論調査によって大きな差=韓国

会見終えた文大統領の国政支持率 反騰・下落行ったり来たり…世論調査によって大きな差=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の国政遂行支持率の推移が、世論調査で大きな差があることと関連し、専門家は推移を見守らなければならないという解釈を出した。

世論調査専門会社である韓国ギャラップは今月19〜21日、全国18歳以上の成人1000人を対象に「文大統領が職務をうまく遂行していると思うか」と尋ねた結果、肯定評価は37%、否定評価は54%であったと、22日明らかにした。10%は意見を留保した。

国政支持率37%は、先週(38%)よりも1%p下落し、就任後、最低値を更新した。同期間、否定評価は53%から54%へと1%p上昇した。

この日のギャラップ調査は、前日発表された世論調査専門会社リアルメーターの調査結果とは、はっきりと分かれた結果となった。

リアルメーターがYTNの依頼で今月18〜20日、全国の有権者1510人を対象に実施し、21日に公開した1月第3週目の週内暫定集計結果、文大統領の就任194週目の国政遂行肯定的評価は、前週と比べて5.7%p上昇した43.6 %であった。「非常に良い」は24.2%、「上手な方」は19.4%だった。

「国政遂行を間違っている」という否定評価は、5.0%p下がり52.6%と集計された。「非常に悪い」37.4%、「悪い方」15.2%であった。「分からない・無回答」は0.6%p減少した3.8%であった。

肯定評価と否定評価の差は9.0%pで大幅に減少し、8週間ぶりに一桁を記録した。

このようにすれ違う世論調査について、次の調査結果まで見守るべきだというのが、専門家らの意見だ。

イ・ジュンハン仁川大学政治外交学科教授は、「世論調査は、調査方法などで違いがあるため、来週にも似たような結果が出れば、パターンが取れるだろう」とし「今は一回限りのものかもしれないため、慎重に見てもよさそうだ」と述べた。

リアルメーター調査は18日に行われた新年記者会見当日が含まれており、ギャラップ調査は新年の記者会見後である19日から世論調査が行われた。

キム・ミンジョン慶煕大学ヒューマニティカレッジ教授は「世論に対する時間も必要である。TV討論をする場合、終わった直後の調査結果と世論が形成された後の調査結果が、異なる場合がある」とし「あえて意味を付与するとすれば、こうした点もあるのではないかと思う」と明らかにした。

このような事情のため、文大統領の支持率が反騰傾向なのか、下落傾向なのかを軽率に判断できないという意見である。

イ・ジュンハン教授は「来週(の調査結果が)確認がされれば、そのとき確実になるだろう」とし「新型コロナウイルス拡散傾向が収まり、不動産対策に対する影響、株価上昇などの影響で、少し上がる可能性もある」と述べた。

ギャラップ調査は電話調査員のインタビュー形式で行われ、標本誤差±3.1%p(95%の信頼水準)であり、回答率は15%である。

リアルメーター調査は、無線電話インタビュー(10%)、無線(70%)・有線(20%)の自動応答混用方式、無線電話(80%)と固定電話(20%)の並行無作為生成票集枠を通じた任意の電話方法で実施した。標本誤差±2.5%p(95%の信頼水準)であり、回答率は4.8%である。

詳細については、中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事(外部サイト)