共に民主党議員、コロナ損失補償法を発議…全国民に50万ウォンの慰労金支給も=韓国

共に民主党議員、コロナ損失補償法を発議…全国民に50万ウォンの慰労金支給も=韓国

共に民主党議員、コロナ損失補償法を発議…全国民に50万ウォンの慰労金支給も=韓国(画像提供:wowkorea)

ミン・ビョンドク(閔炳徳)共に民主党議員は22日、コロナによる自営業者の損失を国が最大70%まで補償する内容の特別法を発議すると明らかにした。

閔議員が発議する予定の‘コロナウイルス感染病克服のための損失補償および共存に関する特別法’は、コロナ集合禁止業種の場合、損失売上高の70%を超えない範囲内で、韓国政府が国家財政状況を考慮して、大統領令で定める補償金を支給するようにした。

営業制限業種は60%、一般業種は50%の範囲内で損失補償をすることになる。

また、全国民に対し、個人別に50万ウォン(約4万6千円)を超えない範囲内で、慰労金を消費クーポンなどの形で支給するようにした。

この他にも、△小商工人賃貸料、金融費、通信費、公共料金など、被害業種別に差等引き下げまたは減免、△災害状況で賃貸人の契約更新拒否や権利金回収機会の剥奪禁止、△社会的連帯基金を造成し、寄付者に税額控除などの内容が盛り込まれた。

閔議員によると、特別法が適用される場合、損失補償費用として月24兆7000億ウォン(約2兆2757億円)が必要となる。財源は国債発行を通じて調達することにした。

閔議員は、特別法に党内約50人の議員が共同発議するという考えを明らかにし、院内でも来週にコロナ損失補償法に関する政策議員総会が開かれると述べた。

関連記事(外部サイト)