日外務省、慰安婦賠償判決に「極めて遺憾」…「韓国、是正を」=韓国報道

日外務省、慰安婦賠償判決に「極めて遺憾」…「韓国、是正を」=韓国報道

茂木敏充外相は、慰安婦訴訟の1審判決確定に強く反発した(画像提供:wowkorea)

茂木敏充外相は今日(23日)、元慰安婦らが日本を相手取って起こし勝訴した民事訴訟の1審判決確定に強く反発した。

NHKなどによると、茂木外相はこの日、判決確定後に発表した談話で、判決は国際法に明らかに反するものであり、韓国政府が適切な措置を講じるよう求めた。

茂木外相は「国際法上 国家は原則的に他国の裁判権に服従しない」とし「日本は この国際法上の“主権免除”の原則に従い、本訴訟は却下されるべきだという立場を再三 表明してきた。今回の判決は国際法に明らかに反するものだ」と語った。

つづけて「慰安婦問題を含めた日韓間の財産請求権問題は、1965年日韓請求権協定により“完全かつ最終的”に解決され、この協定は これまで日韓関係の基礎となってきた。また2015年の外相会談の合意により、慰安婦問題の“最終的・不可逆的解決”も確認されている」と付け加えた。

茂木外相は「判決は国際法および日韓両国間の合意に明らかに違反するもので、極めて遺憾で断じて受け入れられない」とし「韓国に対して、国家として自ら直ちに国際法違反を是正する適切な措置を講じることを改めて強く求める」と語った。

毎日新聞は「1審判決は、日本政府が控訴せず、23日午前0時に確定される」とし「原告側が、日本政府の資産差し押さえなど強制執行の手続きに入るかが焦点だ」と伝えている。

関連記事(外部サイト)

×