防疫当局「コロナ3次流行減少には時間がかかる」…変異・3密により‘再び流行’を警告=韓国

防疫当局「コロナ3次流行減少には時間がかかる」…変異・3密により‘再び流行’を警告=韓国

クォン・ジュヌク、中央防疫対策本部副本部長(画像提供:wowkorea)

韓国の防疫当局は、国内の新型コロナウイルス感染症の3次流行について「減少しているのは間違いないが、相当な時間がかかる」と23日、予測した。これに変異コロナ流行と3密(密集・密閉・密接)環境により再び流行が起こる可能性があると警告した。

疾病管理庁中央防疫対策本部(以下、防対本)のクォン・ジュヌク第2副本部長はこの日、コロナ定例ブリーフィングで「流行のピークに上がる時間より頂点から下がる時間はもっと長くかかる」とし「呼吸器感染病や飛沫で伝播されるコロナは、流行を抑制するのにかかる時間がピークに至る時間より長い」と述べた。

防対本によると、この日0時基準の新規感染者は431人で、このうち国内発生感染者は403人だ。新規感染者の発生推移は0時基準で、1月10日から23日まで(2週間)、‘657 → 451 → 537 → 561 → 524 → 512 → 580 → 520 → 389 → 386 → 404 → 400 → 346 → 431人’となっている。

今回の3次流行は、ピークである12月25日の1240人まで1か月半ほどかかった。一方、3次流行が消滅するまでは、これよりはるかに多くの時間が必要と予想される。

さらに、3密環境や変異ウイルスの流行などもあり、減少傾向から再び拡散傾向へと転じることも十分にありうる。

クォン副本部長は「現在、国内基礎再生産指数(1人の感染者が何人を感染させるかの指数)は0.82だが、英国の変異ウイルスが国内に広範囲に広がれば、すぐに1.2に上がる」とし「昨年12月中旬の悪夢のような状況に戻るということ」と懸念した。

また「減少傾向は相当な時間がかかるのが事実であり、3密環境で多くの人が爆発的な流行を起こせば、その集団がまた他の流行を主導することになる」と付け加えた。

クォン副本部長は「今、300〜400人の感染者水準を振り返ると、2次流行のピーク感染者数400人台半ばよりやや少ない」とし「まだ地域社会には、静かな伝播がたくさんある」と指摘した。

関連記事(外部サイト)

×