ホワイトハウス「米韓同盟をより強化…対北共助が重要」

ホワイトハウス「米韓同盟をより強化…対北共助が重要」

ホワイトハウス「米韓同盟をより強化…対北共助が重要」(画像提供:wowkorea)

米国ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安保補佐官が22日(現地時間)、韓国のソ・フン国家安全保障室長と通話をしたとホワイトハウスが明らかにした。

ホワイトハウスはこの日、国家安全保障会議(NSC)のエミリー・ホーン報道官の声明を通じ、サリバン補佐官がこの日の通話で、 「米韓同盟をさらに強化するというジョー・バイデン政権の公約を強調した」と説明した。

ホワイトハウスは、サリバン補佐官とでソ室長が「北朝鮮(DPRK)について緊密な連携が重要である点と、新型コロナウイルスと気候変動への対応など、その他の課題及び国際的な課題についても議論した」と伝えた。

サリバン補佐官とソ室長の通話は、今月20日のバイデン政権発足以来、今回が初めてだ。

関連記事(外部サイト)