「最悪の新型コロナ流行」の中、大統領選挙投票を強行=ポルトガル

「最悪の新型コロナ流行」の中、大統領選挙投票を強行=ポルトガル

「最悪の新型コロナ流行」の中、大統領選挙投票を強行=ポルトガル(画像提供:wowkorea)

ポルトガルで24日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症の流行にもかかわらず、予定通り大統領選挙の投票が実施されることになった。

AFP・ロイター通信などによると、これまでポルトガルでは、「大統領選挙を行うには、新型コロナウイルスの拡大があまりにも深刻だ」という懸念が提起されてきたが、関係当局は、これまでの計画通り、投票を実施することにした。

なお、投票では、中道右派の野党である社会民主党の元党首で、2期目を目指す現職のレベロデソウザ大統領(72)が優勢となっている。

関連記事(外部サイト)

×