午後6時までに258人が感染…二日連続300人台を維持する見通し=韓国

午後6時までに258人が感染…二日連続300人台を維持する見通し=韓国

午後6時までに258人が感染…二日連続300人台を維持する見通し=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国における新型コロナウイルス感染者が、24日(午後6時時点)に258人発生した。

前日23日の同じ時間帯の感染者数306人(最終392人)より46人も減り、夜間の追加感染者を考慮しても、二日連続で300人台を維持する見通しだ。

特に、最近400人前後を記録していた1日当たりの新規感染者数は、21日に300人台に下がった後、22日は400人台を超え、その後は再び300人台に下がっている。この日の感染者減少は、週末の検査数が減少した影響もあると分析されている。

地域別の感染者数は、ソウルが二桁の88人に大きく減り、キョンギ(京畿)69人、プサン(釜山)19人、キョンブク(慶北)15人、インチョン(仁川)12人、テグ(大邱)11人、チュンナム(忠南)9人の順となった。

続いて、キョンナム(慶南)8人、テジョン(大田)・チュンブク(忠北)・クァンジュ(光州)各6人、カンウォン(江原)4人、ウルサン(蔚山)・チョンナム(全南)各2人、セジョン(世宗)1人と集計された。なお、チョンブク(全北)とチェジュ(済州)では、この日午後6時時点で感染者は発生していない。

関連記事(外部サイト)