‘2か月以上も3桁’ソウルのコロナ新規感染者数、いつ2桁に下がるか=韓国

‘2か月以上も3桁’ソウルのコロナ新規感染者数、いつ2桁に下がるか=韓国

24日午前、ソウル駅広場に設けられた新型コロナウイルス感染症の臨時選別診療所が閑散としている(画像提供:wowkorea)

ソウル市の新型コロナウイルス感染症の1日当たり新規感染者数が17日連続で100人台を維持し、足踏み状態にあることと関連し、ソウルでの感染者数がいつ2桁以下に下がるかに関心が集まっている。ソウルの新規感染者数は、昨年11月19日に92人を記録して以来、2か月以上、毎日3桁の増加傾向を見せている。

24日、中央防疫対策本部とソウル市によると、全国的にコロナ‘3次大流行’の勢いは確実に減少傾向にある。この日午前0時基準の国内コロナの新規感染者数は、前日より39人減の392人だ。

ここ1週間で1日の新規感染者数は平均392.6人、距離確保2.5段階基準の全国400〜500人、または倍増など、急激な増加傾向からは脱し、2段階範囲内に入った状況だ。

このうち、ソウルの感染者数は2週間以上、100人台となっている。この日午前0時基準のソウルのコロナ累積感染者数は、前日より133人増加した2万3357人だ。

昨年12月24日、1日当たりの感染者数が最大552人まで増えたソウル市の新規感染者数は緩やかに減り、7日の191人から17日間、100人台を維持している。

当分の間、このような感染者数の減少傾向が続くと予想される中、関心はソウルの感染者数がいつ2桁台に下がるかに集まっている。

ソウルで最後に2桁台の感染者数だったのは、昨年11月17日(92人)だ。 当時、社会的距離確保1.5段階格上げを検討した時期で、以後2か月以上、ソウルの感染者数は3桁台となっている。

この期間、ソウル市距離確保段階は2.5段階まで引き上げられ、3段階に準ずる‘5人以上の集まり禁止’など、‘プラスアルファ’に該当する対策が出された。

しかし、全国的に感染者の減少傾向が続き、2段階基準を満たし、生計に深刻な打撃を受けている自営業者中心に、距離確保を緩和すべきだという主張が熱を帯びている。

プサン(釜山)市の場合、この日、営業制限で苦しんでいる自営業者らのため、25日から31日まで、社会的距離確保の段階を2.5段階から2段階へと緩和することにした。この日午前0時基準の釜山の感染者数は、前日より20人増加した。

しかし、ソウルの場合、距離確保緩和はまだ早いという指摘が出ている。コリョ(高麗)大学クロ(九老)病院感染内科のキム・ウジュ教授は「ソウル市の新規感染者数が2桁以下になるかどうかは政府にかかっている」とし「今、感染者が減少傾向にあるというが、全国の感染者数は300〜400人台で停滞している。さらに、世界的に問題となっている変異ウイルスや旧正月の連休大移動などを考慮すべきだ」と強調した。

また「ソウルの場合、臨時選別診療所を通じて無症状感染者が続々と出ているなど、既に感染者が裾野に広がっている状況」とし「今は昨年と感染者の増加パターンが違うため、昨年と同じ基準で距離確保を調整してはならない」と述べた。

関連記事(外部サイト)