旧正月連休も「非対面名節」に、墓参りや帰省も”オンライン”推奨=韓国

旧正月連休も「非対面名節」に、墓参りや帰省も”オンライン”推奨=韓国

旧正月連休も「非対面名節」に、墓参りや帰省も”オンライン”推奨=韓国(画像提供:wowkorea)

18日後に迫る旧正月連休(ことしは2月11日〜14日)も昨年の旧盆(秋夕/チュソク)連休と同様に非対面(オンライン)名節となりそうだ。

現時点で韓国政府は方針を確定、発表していないが「5人以上の集合禁止」を骨子とした現況の「社会的距離の確保」レベルが旧正月連休まで再延長させる可能性が高まっている。そのため、新型コロナウイルス感染に対する懸念により故郷への訪問を諦める人々が増えると予想される。

イェサングン(礼山郡)追悼公園の関係者は「新型コロナウイルス市中拡散の防止と安全のため、追悼公園の全面閉鎖を決定した」とし「旧正月連休より前の事前訪問や非対面オンライン墓参りサービス利用を積極的に活用して、健康な旧正月連休を送れるように協力をお願いする」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×