バイデン、「歴代最多の“ダークマネー”募金額」

ジョー・バイデン米国大統領の「ダークマネー」歴代最多の1億4500万ドルに

記事まとめ

  • ジョー・バイデン米国大統領の「ダークマネー」が、1億4500万ドルに達し新記録に
  • 出処不明な政治資金の「ダークマネー」は、政策決定に介入するため資産家らが利用
  • これまでの1位は共和党のミット・ロムニー上院議員で、1億1300万ドルだった

バイデン、「歴代最多の“ダークマネー”募金額」

バイデン、「歴代最多の“ダークマネー”募金額」

バイデン米大統領の大統領選期間のダークマネーが、1億4500万ドルに達したことが明らかとなった(画像提供:wowkorea)

ジョー・バイデン米国大統領は、大統領選期間に匿名の提供者たちから集まった いわゆる「ダークマネー」が、1億4500万ドルに達したことで新記録を立てたと、米ブルームバーグ通信が報道した。

「ダークマネー(Dark Money)」とは、出処の不明な政治資金ことであるが、少数の資産家たちが政策決定と立法過程に深く介入するために、これを利用するという批判を受けてきた。

これまでの1位は 共和党のミット・ロムニー上院議員が2012年の大統領選当時に集めた1億1300万ドルで、ドナルド・トランプ前米国大統領には 昨年の大統領選で2840万ドルのダークマネーが集まった。

ブルームバーグ通信は、バイデン大統領の政治資金が計15億ドルで、現職大統領への挑戦者としては最も大きな金額だったという点を踏まえると、このダークマネーの額は驚くほどではないが、これまで民主党は「ダークマネー禁止」運動を先頭に立って展開してきたため、注目されていると伝えた。

関連記事(外部サイト)

×