「分別収集が簡単になる」…CU 「無ラベル ミネラルウォーター ペットボトル」全面代替 = 韓国

「分別収集が簡単になる」…CU 「無ラベル ミネラルウォーター ペットボトル」全面代替 = 韓国

「分別収集が簡単になる」…CU 「無ラベル ミネラルウォーター ペットボトル」全面代替 = 韓国(画像提供:wowkorea)

CUが業界初のパッケージがない、エコ「無ラベル ミネラルウォーター」を使用していく。

25日、CUはすべてのプライベートブランド(PB)のミネラルウォーターのパッケージを「無ラベルの透明ペットボトル」にすべて代替すると明らかにした。

環境部(環境省に相当)によると、韓国は2018年に1年間で、30万トン相当の使用済みペットボトルを排出しているが、日本・台湾などの地域から2万2000トンの使用済みペットボトルを追加で輸入した。これは、捨てられた使用済みペットボトルのラベルが完全に分別収集されていないため追加の物量が必要なためだ。

「無ラベル ミネラルウォーター」はプラスチックの廃棄量を減らして、簡単に分別収集をするために考案された。これは分別収集をする際に、ラベルをはがす必要がないためリサイクル率を高める画期的なアイディアとして期待される。

CUはPBミネラルウォーター 「ヘイル(HEYROO)ミネラルウォーター」を完全に透明なペットボトルとして再販売する。既存の製品にあったラベルはもちろん、ブランド名も表示しなかった。

表示義務である容量、原産地、無機質含量など製品情報はキャップの密封ラベルに印刷される。ミネラルウォーターを飲む前に、キャップのラベルを分別収集して喉を潤せば良い。

CUは来月からリニューアルされた無ラベル ミネラルウォーターを本格的に販売して、第1四半期までにすべてのPBミネラルウォーターを無ラベルの透明ペットボトルに代替する方針だ。

ソン・ヨンミン BGFリテール飲料食品チームリーダーは「日常の中で自然にエコを実践することができる、グリーンプラットフォームとしての位置を確立できるように商品、サービス、マーケティングなど、多方面で全社を挙げて努力を続けていくだろう。」と述べた。

関連記事(外部サイト)