「旧正月連休は帰省できるか」…何かと変わる集合禁止に気が気でない=韓国

「旧正月連休は帰省できるか」…何かと変わる集合禁止に気が気でない=韓国

「旧正月連休は帰省できるか」…何かと変わる集合禁止に気が気でない=韓国(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス「3次大流行」の最後の節目となる旧正月連休を前に、市民らの悩みが深まっている。

旧正月連休に発出される防疫措置が、どのように変更されるか分からないためだ。一部の市民は、「5人以上の集合禁止」行政命令が解除されるか注目している。

テグ(大邱)で公務員をしているA氏(44)は、「新型コロナウイルスのため、昨年の旧盆も帰省できなかった。両親に『旧正月も行けないかもしれない』と伝えるのは、心穏やかではない」と述べた。

昨年の旧盆と旧正月に続き、今年の旧正月まで帰省が困難になることが予想されると、帰省の日程を前倒ししたり、先送りする市民も多くなっている。

B氏(50)は「今週末にキョンサンプット(慶尚北道)の実家に帰省する予定だ」とし「新型コロナウイルスの状況がどのように変わるか分からないため、人が集中する連休を避けることにした」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×