菅首相、演説中に咳するも「公務に支障は生じていない」=韓国報道

菅首相、演説中に咳するも「公務に支障は生じていない」=韓国報道

菅首相、演説中に咳するも「公務に支障は生じていない」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

菅義偉首相が議会演説途中、声がかすれ何度か咳をする姿が捉えられた。

読売新聞などによると菅首相は25日、衆院予算委員会に出席し、かすれ声で議員の質問に答えた。

この席で、立憲民主党の小川淳也衆院議員から、声がかすれているという指摘を受け、菅首相は「喉が痛く、声は出にくいが、いたって大丈夫」と説明した。

菅首相の健康異常説が浮上すると、加藤官房長官は同日午後の記者会見で「首相の体調に特別に異常があるわけではない。公務に支障は生じていない」と一蹴した。

加藤官房長官は菅首相のコンディションについて「喉の痛みがあり、咳が出ている」とし「首相官邸の医務官と頻繁に相談し、必要な薬を服用している」と説明した。

また、「必要な検査はしている」と述べたが、検査の内容については明らかになっていないと、日本のロイター通信は伝えた。

関連記事(外部サイト)

×