チェジュ(済州)島 生活治療センター 看護師 採用中止 波紋 「申し訳ありません」= 韓国

チェジュ(済州)島 生活治療センター 看護師 採用中止 波紋 「申し訳ありません」= 韓国

チェジュ(済州)島 生活治療センター 看護師 採用中止 波紋 「申し訳ありません」= 韓国(画像提供:wowkorea)

済州島/ 済州特別自治道が、新型コロナウイルスの重・軽症患者の最先端施設である生活治療センターで勤務する予定だった看護師8名に対し、初出勤の二日前に電話で一方的に採用を中止すると告げ、波紋を呼んでいることについて正式に謝罪した。

26日午前、イム・テボン 済州島保健福祉女性局長は、新型コロナウイルスのブリーフィングの質疑応答で「結果的に(看護師たちに)迷惑をかけたことは本当に申し訳ない。」と頭を下げた。

イム局長は「 昨年12月に新型コロナウイルスの感染者数が急増し、12月30日からセンターの運営を開始した。」とし「ところが、1月に入り感染者数が急激に減り病床にもかなり余裕ができるなど、政策の推進の過程で外的要因が起こった。」と述べた。

また「これに対して臨機応変な方針を打ち立て、当初13日からセンターで勤務する予定だった公務員たちと、済州大病院所属の医療従事者全員を復帰させた。」とし「(追加で採用する予定だった看護師)8名にも11日に電話で説明を行なった。」と述べた。

イム局長は「(採用中止となった)看護師8名を積極的に採用できるよう、方案を検討する。」とし「4月末までの運用であるセンターに比べ、今年末までと長期間運営されるワクチン接種センターなどで採用できるようにする。」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)