韓国政府「ワクチン接種、民間に経験豊富な医療人材支援を要請」

韓国政府「ワクチン接種、民間に経験豊富な医療人材支援を要請」

韓国政府「ワクチン接種、民間に経験豊富な医療人材支援を要請」(画像提供:wowkorea)

韓国政府が新型コロナウイルスのワクチン接種のため、公共医療人材を追加確保することにした。特に民間に経験豊富でレベルの高い医療人材の支援を要請する計画だ。

保健福祉部のクォン・ドクチョル長官は26日、会議を開催した。会議には大韓医師協会や大韓病院協会長などの医療界団体が出席した。

クォン長官はワクチンの予防接種について、「短期間で様々なワクチンを多様な場所で接種しなければならないため、一部地域と施設では多数の接種人材が必要な場合が発生する可能性がある」と説明した。

続けて「政府は公共医療人材を最大限確保する予定だが、民間の経験豊富でレベルの高い医療人材の支援を要請することを考えている」とし、「接種人材の支援において、医療界の積極的な協力をお願いしたい」と述べた。

クォン長官は同日「政府と医療界が心を一つにして、新型コロナウイルス克服に向けたワクチン予防接種の成功に力を合わせれば、世界のどの国よりも迅速かつ安全に全国民の集団免疫を形成できると確信している」と述べた。

関連記事(外部サイト)