ワクチン接種に向けて着々と進む準備…ソウルワクチン接種センター今週中に30か所確定予定=韓国

ワクチン接種に向けて着々と進む準備…ソウルワクチン接種センター今週中に30か所確定予定=韓国

ワクチン接種に向けて着々と進む準備…ソウルワクチン接種センター今週中に30か所確定予定=韓国(画像提供:wowkorea)

ソウルワクチン接種センターが、今週中に30か所程度確定される。区役所の講堂、体育館などが中心となる見通しだ。

26日、ソウル市によると市は前日、25の自治区別ワクチン接種センター候補地を受け付け、50か所を中央防疫対策本部(中対本)に提出した。

人口50万人を超えるカンナム(江南)・ソンパ(松坡)・ノウォン(蘆原)・カンソ(江西)・クァナク(冠岳)区では、それぞれ候補地を3か所提出し、残りの自治区も1〜2か所の候補地を提出した。

提出された候補地は、地域内の講堂や体育館、区民会館などである。ヨンサン(龍山)区の場合、地域内の順天郷大学ソウル病院健康検診センターも候補地として提出した。

ソウル市は、今週中に中対本会議を通じて候補地50か所のうち30か所をワクチン接種センターに確定する計画だ。自治区ごとに少なくとも1か所以上は決めなければならず、人口50万人以上の5自治区においては2か所でワクチン接種が可能になる見通しである。

ソウル市の関係者は、「ワクチン接種センターは、基本的に空間が広くなければならない」とし「待機してから問診し、ワクチン接種を受けた後、30分間監視するために再び待機する必要があるため、広いスペースが確保されなければならない」と述べた。

続いて「駐車場、換気、公共交通機関とアクセスなどを総合的に考慮し、今週中にワクチン接種センターを確定する予定」と伝えた。

関連記事(外部サイト)

×