韓国の新規感染者559人、前日より205人増=教会関連で106人感染

韓国の新規感染者559人、前日より205人増=教会関連で106人感染

韓国の新規感染者559人、前日より205人増=教会関連で106人感染(画像提供:wowkorea)

韓国の疾病管理庁・中央防疫対策本部は、27日0時を基準に韓国国内の新型コロナウイルス新規感染者が559人確認されたと発表した。

前日(26日)より205人増加し、去る1月17日の520人以降、10日ぶりに再び500人台となった。

このうち市中感染は516人、海外流入は43人。首都圏での市中感染は274人(ソウル120人、キョンギ(京畿)137人、インチョン(仁川)17人)で、全国対比53%の比重だった。

きょうの感染者急増は、IM宣教会が運営するクァンジュ(光州)広域市TCS国際学校で100人の感染者が相次いで確認された影響が大きい。

海外流入を除く市中感染者数の推移は、去る14日から27日まで(2週間)「496→483→547→500→366→351→373→381→314→403→369→405→338→516人」となっている。

なお、市中感染者数の1週間平均は389.4人で、前日の369人から20.4人増加した。

関連記事(外部サイト)

×