日本との電話協議後、韓国と通話した米国務長官…「北核問題、急がれることに“共感”」=韓国報道

日本との電話協議後、韓国と通話した米国務長官…「北核問題、急がれることに“共感”」=韓国報道

米韓外交トップによる初の電話協議がなされた(画像提供:wowkorea)

ジョー・バイデン米政権の発足後、米韓外交トップによる初の電話協議がなされた。ただ 日米間の電話協議が先に実施されたことが確認された。

韓国外交部(外務省に相当)によると、カン・ギョンファ(康京和)外相は今日(27日)の午前に約30分間、アントニー・ブリンケン米国務長官と電話協議を行なった。

双方は、北核問題がバイデン政権でも急がれる問題だということに共感し、米韓両国間の緊密な協議を約束したと、外交部が説明した。

カン外相は「政府は、米韓関係と朝鮮半島問題に深い理解のあるブリンケン国務長官の就任を歓迎する」とし「これまで同様、米韓間の緊密な疎通と協力を続けていくことを希望する」、「新任の外相が就任し次第、ブリンケン国務長官と交流することを期待する」と語った。

ブリンケン国務長官はこれに対して「本人の任期中、米韓同盟を今後も一層 強固に発展させていくことを願う」と語った。

一方 NHKなど日本メディアは、ブリンケン国務長官が茂木敏充外相と、この日の午前8時過ぎに電話協議をしたと報道した。

ブリンケン国務長官は茂木外相との協議で「日米同盟の一層の強化」と「自由で開放されたインド・太平洋の実現に緊密に協力」することなどの意志を明らかにした。

関連記事(外部サイト)

×