韓国系米国人、米国務省 東アジア太平洋副次官補に「抜擢」

韓国系米国人、米国務省 東アジア太平洋副次官補に「抜擢」

米ブルッキングス研究所 韓国専門家のチョン・パク氏(画像提供:wowkorea)

米ブルッキングス研究所 韓国専門家のチョン・パク(韓国名 パク・ジョンヒョン)氏が、米国務省 東アジア太平洋副次官補に就任する。

パク氏は今日(27日)、自身のツイッターを通じて「東アジア太平洋担当の次官補として、国務省に入省することを発表することになり、うれしい」とし「新たなドリームチームと共に働き、米国人たちのために改めて奉仕できることは光栄なことだ」と伝えた。

米中央情報局(CIA)の上級分析官を務めたパク氏は、ジョー・バイデン米大統領の引継ぎ委員会の専門家リストに入っていたため、バイデン政権における外交安保のラインナップで要職を任される可能性があるとの見方が出ていた。

関連記事(外部サイト)

×