チョン・チャンオク氏、文大統領に靴を投げ公務執行妨害罪で起訴=韓国

チョン・チャンオク氏、文大統領に靴を投げ公務執行妨害罪で起訴=韓国

チョン・チャンオク氏、文大統領に靴を投げ公務執行妨害罪で起訴=韓国(画像提供:wowkorea)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領に靴を投げた疑いでチョン・チャンオク氏が起訴された。

検察によると、今月7日、チョン氏を公務執行妨害と建造物侵入の罪で起訴した。

チョン氏は昨年7月、ソウルの国会議事堂本館2階の玄関前で、国会開院演説を終えて出てきた文大統領に向かって靴を投げつけ、現場で検挙された。

チョン氏はボディーガードが制圧しようとすると、「偽の平和偽善者はすぐに自由の大韓民国から離れろ」と叫んだ。 当時、チョン氏はこのような行動をした理由について「(文大統領に)恥をかかせようとした」と答えた。

裁判所は「証拠隠滅や逃走の恐れがない」とし、逮捕状を棄却した。

チョン氏は昨年8月、クァンファムン(光化門)集会で警察官に暴行を加えた疑いで拘束起訴され、現在1審裁判を受けている。チョン氏は1回目の裁判で、公務執行妨害など関連容疑を否認している。

関連記事(外部サイト)

×