日本でアストラゼネカワクチン量産準備=韓国報道

日本でアストラゼネカワクチン量産準備=韓国報道

日本でアストラゼネカワクチン量産準備=韓国報道(画像提供:wowkorea)

日本でアストラゼネカの新型コロナウイルス感染症ワクチンがまもなく量産準備に入ると、日本経済新聞が27日報じた。

生産は、日本のバイオテクノロジー企業であるJCRファーマが務める。このメーカーは、ワクチンを生産した経験はないが、アデノウイルスベクターを培養することができる技術を備えている。

アストラゼネカワクチンは、新型コロナウイルスの表面抗原遺伝子を、チンパンジーアデノウイルス鋳型に挿入して製造する。 JCRファーマは、このアデノウイルスベクターを、独自で培養することができるので、この物質の海外輸入に依存せずに、供給を増やすことができると、メディアの説明である。

日経はJCRファーマがアストラゼネカワクチン9000万回分を生産すると予想した。

日本政府とアストラゼネカは、昨年12月に1億2000万回分のワクチン供給契約に合意した。

このワクチンを日本国内で生産するための準備作業は、昨年初めから始まっていたことが分かった。

しかし、日本国内で生産されたワクチンが普及される時期は、5月と予想されている、と日経は伝えた。

関連記事(外部サイト)

×