韓国の華城連続殺人事件、真犯人に代わり冤罪で20年獄中生活の男性、25億ウォンの刑事補償金を請求

韓国の華城連続殺人事件、真犯人に代わり冤罪で20年獄中生活の男性、25億ウォンの刑事補償金を請求

韓国の華城連続殺人事件、真犯人に代わり冤罪で20年獄中生活の男性、25億ウォンの刑事補償金を請求(画像提供:wowkorea)

韓国で、”華城連続殺人事件”8番目の事件の31年ぶりに行われた再審で、無罪を言い渡されたユン・ソンヨさん(53)が、国に対して刑事補償金を請求した。

27日、水原地裁によると、ユンさんは去る25日、約25億1700万ウォン(約2億3600万円)相当の刑事補償金申請書を裁判所に提出した。補償に対する審理日程はまだ決まっていないが、第5刑事部に割り当てられた。

ユンさんはこれまでの痛みを金銭で換算できないだろうが、濡れ衣を着せられたまま20年間獄中生活をし、出所したその代価を正当に受け取る権利がある。

刑事補償は当局の過ちで罪人の濡れ衣を着せられ、拘束されたり容疑執行を受けた人に対して国がその損害を補償する制度で、憲法に保障された権利だ。

ユンさんは1989年7月25日、華城連続殺人事件8番目の事件の容疑者として逮捕された。彼は警察の拷問で虚偽の自白をし、そのまま拘束されて裁判を受けることになった。その後同年10月20日、一審で無期懲役を言い渡され、翌年5月8日に最高裁判所で無期懲役刑が最終確定。ユンさんはその後2000年8月15日、20年の刑に減刑され、2009年8月4日に出所した。

逮捕日と出所日を適用して推算した拘禁日数は7315日だ。

ユンさんは刑事補償法第2条1項によって無罪判決を受けた裁判所に、このような拘禁期間に対する補償を請求できる。

刑事補償法第5条1項(施行令第2条)によると、ユンさんに対する1日の補償金は無罪が確定した年度の最低日給の最大5倍まで算定できる。

金額は補償請求審理を担当した裁判部が拘禁の種類及び期間、拘禁中に受けた損失の程度、警察・検察・裁判所の故意又は過失の有無等の事情を考慮して定める。

最低日給が6万8720ウォン(8590ウォン×8時間)であることから、最大値としては1日34万3600ウォンを受け取ることになる。

ユンさんが請求した刑事補償金は、1日の日給最大の34万3600ウォン、拘禁日数7315日で算定したものだ。

関連記事(外部サイト)

×