麻薬類特別取り締まりで2701人検挙・542人拘束…ヒロポンなど72.2キロ押収=韓国

麻薬類特別取り締まりで2701人検挙・542人拘束…ヒロポンなど72.2キロ押収=韓国

麻薬類特別取り締まりで2701人検挙・542人拘束…ヒロポンなど72.2キロ押収=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府が昨年末の麻薬類特別取り締まりの結果、不法麻薬類供給・投薬事犯2701人を検挙し、542人を拘束(逮捕)した。向精神薬72.2キロ、大麻81.8キロも押収した。

政府は昨年10月15日から12月31日まで「麻薬類特別取り締まり」を実施した結果を28日発表した。今回の特別取り締まりは、食品医薬品安全処(食薬処)、関税庁、最高検察庁、警察庁、海洋警察庁の5つの機関が捜査人員約1万人、探知犬44頭などを総動員した。

今回の点検で検挙した不法麻薬供給・投薬事犯は2701人で、このうち542人を拘束した。 またコカインやヘロインなどの麻薬1836.57グラム、ヒロポン(メタンフェタミン)やLSD、エクスタシーなどの向精神薬72.2キロ、大麻81.8キロを押収するなど、供給・流通遮断の成果があった。

特に約2か月間、人員を集中投入して合同取り締まりを行った結果、向精神薬(48.8%)、大麻(64.1%)は2019年全体の半分近く押収した。

なお、今回の点検では、技術発達と新型コロナウイルスの影響で国家間移動が制約され、非対面方式の麻薬流通に伴い△ダークウェブなどインターネット流通事犯、△航空旅行者および国際郵便・配送物品流通事犯、△外国人麻薬類事犯が集中摘発された。

関連記事(外部サイト)

×