韓国で自主隔離中のミャンマー人、ホテルや病院で暴れ現行犯逮捕

韓国で自主隔離中のミャンマー人、ホテルや病院で暴れ現行犯逮捕

韓国で自主隔離中のミャンマー人、ホテルや病院で暴れ現行犯逮捕(画像提供:wowkorea)

海外から韓国に入国し、新型コロナウイルスに関する自主隔離中だった外国人がホテルや病院で暴れ、器物損壊で現行犯逮捕された。

29日、現地警察などによると昨夜11時ごろミャンマー国籍のA容疑者がソウル市内の新村セブランス病院救急室で暴れるなど騒ぎを起こし、器物損壊でソウル西大門警察署に現行犯逮捕されたことがわかった。

病院関係者の通報で出動した警察は、現場で負傷者はいないことを確認。救急医療に関する法律違反で騒ぎを起こしたミャンマー人Aを立件した。

これを前に同日午後6時、A容疑者は自主隔離中だったソウル市内のホテルでもガラスを割るなど騒ぎを起こしていた。この過程で、ホテル内の器物を損壊したA容疑者は負傷したが、そのほか負傷者はいなかった。

A容疑者は新村セブランス病院に運ばれる際の救急車内でも暴れ、警察が出動。警察はA容疑者が麻薬による幻覚状態にあったかについては、現場で確認できなかったという。

なお、A容疑者は入国時と騒ぎを起こした日に新型コロナウイルス検査を受けたが、陰性と確認された。

現地警察は、A容疑者について麻薬検査を実施し、騒ぎを起こした経緯を調査している。

関連記事(外部サイト)