29日午後6時までに344人が感染…病院・高齢者施設などで小規模集団感染が続く=韓国

29日午後6時までに344人が感染…病院・高齢者施設などで小規模集団感染が続く=韓国

29日午後6時までに344人が感染…病院・高齢者施設などで小規模集団感染が続く=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国における新型コロナウイルス新規感染者が、29日午前0時から午後6時までに、344人発生したと暫定集計された。

防疫当局と全国17か所の広域市・道によると、この日午後6時時点で、17か所の広域自治体のうち、カンウォン(江原)・チェジュ(済州)・セジョン(世宗)を除く14か所の市・道で、344人の感染者が発生した。

これは、前日(28日)の同じ時間帯の感染者数である356人(最終469人)より12人少ない数値だ。

地域別の感染者数は、ソウル121人、キョンギ(京畿)113人、クァンジュ(光州)24人、キョンブク(慶北)20人、インチョン(仁川)・プサン(釜山)各14人、キョンナム(慶南)12人、チュンブク(忠北)10人、テグ(大邱)6人、チュンナム(忠南)4人、ウルサン(蔚山)・テジョン(大田)各2人、チョンブク(全北)・チョンナム(全南)各1人などとなった。

ソウルは、これまで感染者が確認されていた集団感染地での感染拡大が続いた。ソンドン(城東)区の病院関連で13人が感染し、ノウォン(芦原)区の高齢者施設関連でも3人が追加感染した。

関連記事(外部サイト)