韓国が購入する“ジョンソン・エンド・ジョンソン”のワクチン…「予防効果は66%」

韓国が購入する“ジョンソン・エンド・ジョンソン”のワクチン…「予防効果は66%」

ジョンソンエンドジョンソンの新型コロナワクチンが、臨床試験で66%の予防効果を示した(画像提供:wowkorea)

米製薬企業“ジョンソン・エンド・ジョンソン”は、自社の開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンが、臨床試験で66%の予防効果を示したと、29日 明らかにした。

ロイター通信によると、ジョンソン・エンド・ジョンソンは 米国と中南米、南アフリカで4万3000人あまりを対象に実施した臨床試験の結果、それぞれ72%・66%・57%の予防効果が表れたと、この日 発表した。

66%は、3つのグループの予防効果の平均数値である。

臨床試験は計8か国で実施され、参加者の44%が米国出身、41%が中南米出身、15%が南アフリカ出身であった。また 参加者の3分の1以上が、60歳以上の高齢者であった。

しかし ジョンソン・エンド・ジョンソンのポール・ストフェルズ CSO(最高科学責任者)は この日の声明で、自社のワクチンが重症事例を予防するのに89%の効果をみせたとし「数億人の人を、新型コロナの深刻で致命的な結果から保護するだろう」と強調した。

また ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは、ファイザー社やモデルナ社のワクチンとは違い、臨床試験の過程で 最近の英国と南アフリカで発生した変異ウイルスに効果があるということが確認されたと強調した。

つづけて、臨床試験の過程で深刻な副反応は報告されなかったとし、来週 米食品医薬局(FDA)に緊急使用承認(EUA)を申請すると伝えた。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは、1回だけの接種でと冷蔵保管が可能なことから、多くの期待を集めている。

韓国政府も、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン600万人分を購入することになっている。

関連記事(外部サイト)