韓国コロナ「新規感染458人」…一週間の日平均「424.3人」

韓国コロナ「新規感染458人」…一週間の日平均「424.3人」

韓国での新型コロナの新規感染者は、458人を記録した(画像提供:wowkorea)

韓国での新型コロナウイルスによる新規感染者は、今日(30日)の0時基準で458人を記録した。前日0時基準より11人減少した。

しかし 市中発生における一週間の日平均感染者数は、三日連続で防疫レベル(社会的距離確保)2.5段階の基準である400人台を維持している。この日の一週間における一日平均は424.3人である。特に 首都圏の感染者は303人で、前日対比で47人増加した。

新規感染者458人の地域別申告は、ソウル154人(海外流入2人)、キョンギド(京畿道)146人(海外流入10人)、インチョン(仁川)15人、プサン(釜山)20人(海外流入2人)、テグ(大邱)8人、クァンジュ(光州)33人(海外流入1人)、テジョン(大田)2人(海外流入1人)、ウルサン(蔚山)2人(海外流入1人)、カンウォンド(江原道)3人、チュンチョンプクト(忠清北道)11人、チュンチョンナムド(忠清南道)9人(海外流入1人)、チョルラプクト(全羅北道)3人、チョルラナムド(全羅南道)1人、キョンサンプクト(慶尚北道)22人(海外流入1人)、キョンサンナムド(慶尚南道)12人(海外流入1人)、チェジュ(済州)2人、入国検疫15人となった。

特に ソウルでは前日より42人増加の154人の新規感染者が発生し、海外からの流入事例は2人、市中発生は152人であった。

関連記事(外部サイト)