フランス、31日からEU以外の国と「国境遮断」

フランス、31日からEU以外の国と「国境遮断」

フランスは、EU以外の国々との入出国を禁止する防疫措置を発表した(画像提供:wowkorea)

フランスは29日(現地時間)3次封鎖を避けるため、EU(ヨーロッパ連合)非加盟国とフランス間の全ての出入国を禁止する内容を盛り込んだ、新たな新型コロナウイルス感染症の防疫措置を発表した。

外国メディアによると、フランスのジャン・カステックス首相はこの日の午後、緊急記者会見を開き「3次封鎖を避けることのできる機会は、まだある」とし「EU以外の国々と行き来する渡航が禁止される」ことを明らかにした。渡航禁止は、31日午前0時から施行される。

また カステックス首相は、全ての入国時 PCR検査による陰性結果の提出を義務化することにした。加えて 31日から食料品の商店を除いた2万平方メートル以上の規模の大型ショッピングモールを閉鎖し、在宅勤務を強化すると伝えた。

カステックス首相は、通行禁止時間中の移動、不法パーティーなどを統制するために、警察・軍事力を追加動員すると付け加えた。

関連記事(外部サイト)