ロシア「1回接種」のコロナワクチン来月リリース=韓国報道

ロシア「1回接種」のコロナワクチン来月リリース=韓国報道

ロシア「1回接種」のコロナワクチン来月リリース=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ロシアが1回の接種だけで予防効果があるという新型コロナウイルス感染症ワクチンを2月にリリースすることにした。

29日ロイター通信によると、ロシアが開発したコロナワクチン「スプートニクV」の公式Twitterのアカウントはこの日「2月中に1回の接種で効果がある“スプートニク・ライト”を披露する予定だ」と明らかにした。

但し、スプートニク・ライトの予防効果などの具体的な情報は公開しなかった。

「スプートニク・ライト」は1回の接種だけで済むという点で注目を集めている。ファイザーやモデルナなど、現在までに使用許可を受けたコロナワクチンは2回接種が原則である。

米国製薬会社ジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J)は、1回接種ワクチンを開発し、第3相臨床試験中だが、2回接種ワクチンに比べて予防効果が低下することが分かった。

一方、ロシア保健省傘下のガマル プレーヤー国立感染症・微生物学センター、ロシア政府系の投資ファンド(RDIF)によると、スプートニクVは、最終的な臨床第3相の分析結果で91.4%の予防効果を示した。

関連記事(外部サイト)