WHO調査チーム「最初の集団感染」水産市場訪問予定=韓国報道

WHO調査チーム「最初の集団感染」水産市場訪問予定=韓国報道

WHO調査チーム「最初の集団感染」水産市場訪問予定=韓国報道(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症の起源を調査するために、最初の発症地と推定される中国の武漢を訪れた世界保健機関(WHO)の調査チームが31日、初の集団感染が発生した華南水産物市場を訪問する予定だとロイター通信が報じた。

昨年1月1日の市場が閉鎖されてから、約13か月ぶりだ。

華南市場は新型コロナウイルス発生の初期、大多数の感染者が発生しWHOが発症の起源と指摘したところである。

しかし最近、中国の専門家と官営メディアは華南市場で新型コロナが発生したという証拠はないとし、外国産の冷凍食品を輸入する過程でウイルスが中国に入ってきたという主張を広げている。

この日、中国官営のグローバル・タイムズ紙は「WHO調査チームが武漢で新型コロナウイルス発症起源の証拠を見つけることは難しいだろう」と報じた。

多国籍の専門家13人で構成されたWHO調査チームは、14日武漢に到着し、14日間の隔離を終えた後、29日から本格的な調査を開始した。前日には武漢の病院を含め、医療施設2か所を訪問した。

先立ってWHOは昨年5月から、新型コロナウイルス感染者が最初に発生した中国武漢の調査を進めてきた。

関連記事(外部サイト)