在韓米軍14人が新型コロナ感染…累計700人に迫る=韓国

在韓米軍14人が新型コロナ感染…累計700人に迫る=韓国

在韓米軍14人が新型コロナ感染…累計700人に迫る=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のヨンサン(龍山)米軍基地に勤務する在韓米軍の関係者が、新型コロナウイルスに感染した。

最近、海外から韓国に入国した在韓米軍の将兵と家族など13人も新型コロナウイルスの感染者に分類され、在韓米軍関連の累計感染者数は700人に迫っている。

在韓米軍司令部は1日、報道資料を通じて「先月29日、ソウルに居住する米国防総省軍務員の家族が新型コロナウイルスに感染した」と明らかにした。

感染者は義務隔離を終える前に受けた検査で感染が確認され、現在はピョンテク(平沢)キャンプ・ハンフリーズの隔離施設に移されたと在韓米軍は伝えた。

国内感染事例だけでなく、海外入国者からも感染者が発生した。在韓米軍はこの日、「1月15日〜1月29日の間、韓国に到着した在韓米軍の将兵11人と家族2人が、新型コロナウイルスに感染した」と明らかにした。

これにより、この日までの在韓米軍関連の累計感染者数は696人に増えた。

なお、在韓米軍では、新型コロナウイルス防疫のため、海外から入国した将兵・家族などを基地内の隔離施設に14日間滞在させている。診断検査は、入国直後と隔離解除直前の二度にわたり実施している。

また、在韓米軍は前日、朝鮮半島全域に対する公衆衛生防護態勢(HPCON)を4月27日まで延長することにした。

関連記事(外部サイト)