韓国野党の“韓日トンネル”発言に、与党が「親日うんぬん」…金大中・盧武鉉の「遠大な夢」

韓国野党の“韓日トンネル”発言に、与党が「親日うんぬん」…金大中・盧武鉉の「遠大な夢」

韓国釜山にある加徳島 新空港の建設予定地を視察している、野党“国民の力”の金鍾仁 非常対策委員長(画像提供:wowkorea)

韓国野党第一党“国民の力”のキム・ジョンイン(金鍾仁)非常対策委員長が言及した「韓日海底トンネル」に対して、与党“共に民主党”が「親日DNAだ」と批判したことを受け、“国民の力”は今日(2日)「今度は親日フレームか」と反論に乗り出した。

“国民の力”のチュ・ホヨン(朱豪英)院内代表はこの日の午後、記者たちに「(韓日海底トンネルが)親日利敵行為なら 元大統領の方々も親日だというのか、これに対する答弁を待ちたい」と皮肉った。

キム・デジュン(金大中)元大統領は、1999年9月の日韓首脳会談で、ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領は2003年2月にそれぞれ、韓日海底トンネルについて「遠大な夢」だと言及している。

“国民の力”のハ・テギョン(河泰慶)議員もフェイスブックに「(与党が)揚げ足をとろうとしたことで、2人の元大統領まで“親日DNA”があると言っているのか」とし「今はカドクド(加徳島)新空港とシナジー効果を生み出すことのできるニュー・プサン(釜山)発展方向について、悩み討論する時だ」と批判した。

“国民の力”の報道官は この日の論評で「民主党(与党)がまた“親日フレーム”でレッテル貼りに乗り出した』とし「“国民の力”は釜山の成長と発展のために、韓日海底トンネルなど 明確なビジョンを提示した」と伝えた。

つづけて「金大中・盧武鉉元大統領が韓日海底トンネルの重要性に共感してきたのに、このことを“国民の力”が提示すると 卑怯にもフレームでもって(親日というレッテルを貼り)、否定している」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)