米、対北政策「アメとムチ」を示唆…政策を全般的に「再検討中」

米、対北政策「アメとムチ」を示唆…政策を全般的に「再検討中」

米新政権は、対北政策として「アメとムチ」によるアプローチの可能性を示唆した(画像提供:wowkorea)

米新政権は、北朝鮮に追加の“制裁”を加えたり“見返り”を提供する「アメとムチ」政策を示唆したことから、北朝鮮はどんな反応を示すか注目される。

ただ 米国側の具体的な言及はなく、現在 米新政権が対北政策の再検討過程を経ているだけに、北朝鮮が すぐさま反応する可能性は低いとみられている。

アントニー・ブリンケン米国務長官は、1日(現地時間)に報道されたNBCニュースとのインタビューで「ジョー・バイデン米大統領は、朝鮮半島の非核化のための最も効果的な方法を決定するために、米国の政策を全般的に検討する予定だ」と語った。

つづけて「我々がしようとしている最初のことは、政策を全般的に改めて調査することだ」とし「これは 追加の制裁、特に同盟・パートナーと追加の調整と協力を含め、我々がどんな手段をもっているかを調べるだけでなく、外交的インセンティブを調べることだ」と語った。

「制裁」と「インセンティブ(見返り)」というワードが言及されたが、具体的な説明はなかった。

ブリンケン長官のこのような発言は、新たに発足したバイデン政権が 今後 北朝鮮と非核化協議に臨む時、「“強・穏”両面策」でアプローチする可能性を示唆するものとみられる。一部では 北朝鮮が挑発に出る場合、強硬な政策を掲げる可能性があるという 一種の警告を含めたものだと分析されている。

関連記事(外部サイト)