COVAX、上半期 韓国にワクチン「136万人分」提供…北朝鮮にも「99万人分」

COVAX、上半期 韓国にワクチン「136万人分」提供…北朝鮮にも「99万人分」

COVAXは、韓国に新型コロナワクチン136万人分を、北朝鮮に99万人分を提供することを明らかにした(画像提供:wowkorea)

国際ワクチン協力プログラム“COVAX”は、今年の上半期中に 韓国に新型コロナウイルス感染症ワクチン136万人分を、北朝鮮に99万人分を提供することを、3日(現地時間)明らかにした。

これまで北朝鮮が、WHO(世界保健機関)とCOVAXを主導する世界ワクチン免疫連合(GAVI)などを通じて ワクチン確保の意思を打診したという報道はあったが、公式的に確認されたのは今回が初めてである。

COVAXが発表したワクチン供給計画によると、韓国はSKバイオサイエンスで生産されたアストラゼネカ社ワクチン256万6800回分、ファイザー社ワクチン11万7000回分が供給されることになる。計271万3800回分で、これらの製薬企業で開発したワクチンは2回接種しなければならないため、135万人分となる。

北朝鮮は、インドの“セラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)”が生産したアストラゼネカ社ワクチン199万2000回分が供給される。特にマイナス20度から80度の超低温冷凍保管が必要なモデルナ社・ファイザー社ワクチンとは違い、アストラゼネカ社ワクチンは2度から8度ほどの一般冷蔵温度で流通・保管が可能であるため、北朝鮮でも十分に取り扱いができるというのが、これまでの専門家たちの意見である。

関連記事(外部サイト)

×