大韓航空、昨年の営業利益2383億ウォン…新型コロナパンデミックの中で「黒字達成」=韓国

大韓航空、昨年の営業利益2383億ウォン…新型コロナパンデミックの中で「黒字達成」=韓国

大韓航空、昨年の営業利益2383億ウォン…新型コロナパンデミックの中で「黒字達成」=韓国(画像提供:wowkorea)

大韓航空は昨年、別途基準 売上高7兆4050億ウォン、営業利益2383億ウォンを暫定記録したと4日公示した。

売上高は、2019年の12兆2917億ウォンに比べ39.8%減少し、同期間の営業利益も2864億ウォンで16.8%減少した数値である。当期純利益は、2019年のマイナス5687億ウォンから、2281億ウォンへと3406億ウォンほど改善した。

大韓航空のこのような実績は、新型コロナウイルスパンデミックの中で、かなり善戦したという評価だ。旅客売上が前年比74%減少している緊急事態の中でも、貨物の売上が前年の2兆5575億ウォンから、4兆2507億ウォンへと66%増加し、業績への打撃を相当緩和したためとみられる。

また、昨年4月から始まった全従業員の循環休業などで営業費用を削減し、1兆1000億ウォン規模の有償増資、1兆ウォン規模の機内食基板事業の売却など、自己救済策も成果を出したと評価されている。

大韓航空は今年上半期、王山レジャー開発とKALリムジン売却も終える計画であり、ソウル市とソンヒョン(松峴)洞敷地売却交渉にも拍車をかける計画だ。

このような刷新努力とともに、今年アシアナ航空の買収を滞りなく進め、航空産業の構造改編作業も並行している。

大韓航空側は「航空貨物市場とは異なり、航空旅客市場の正常化は速断しにくい状況を考慮し、ワクチン効果が本格的に現れる今年の下半期までは、旅客供給を現在のレベルで維持する予定」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)