韓国外相候補、「米朝対話の早期再開…実質的非核化の枠組みづくりに集中」

韓国外相候補、「米朝対話の早期再開…実質的非核化の枠組みづくりに集中」

韓国外交部長官に指名されたチョン・ウィヨン氏は5日、「米朝対話の早期再開による実質的非核化の枠組みづくりに集中する」と明らかにした。(画像提供:wowkorea)

韓国外交部長官に指名されたチョン・ウィヨン氏は5日、「米朝対話の早期再開による実質的非核化の枠組みづくりに集中する」と明らかにした。

チョン・ウィヨン氏は同日午前、国会外交統一委員会で開かれた人事聴聞会に出席し、冒頭発言で「現在、外交環境が厳しい」とし、新型コロナウイルスの長期化、米国新政権の発足などを言及し、このように述べた。

チョン・ウィヨン氏は「先制的かつ戦略的な外交が必要だ」とし、「朝鮮半島の非核化と恒久的平和政策を実現するための外交政策、文大統領が述べたように朝鮮半島の平和プロセスは選択ではなく進むべき道」と強調した。

また「朝鮮半島の平和プロセスが付くよう最善を尽くす」とし「バイデン政権とも信頼と政策の共感を構築していく」と述べた。

さらに米国や中国、日本との「外交の青写真」について、それぞれ「包括的同盟」「新たな跳躍」「協力パートナー」を提示した。

関連記事(外部サイト)