兪明希氏がWTO事務総長候補を辞退…米国などと協議の結果=韓国

兪明希氏がWTO事務総長候補を辞退…米国などと協議の結果=韓国

兪明希氏がWTO事務総長候補を辞退…米国などと協議の結果=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国産業通商資源部(日本の経済産業省に相当)のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長が、世界貿易機関(WTO)事務総長の候補職を辞退することにした。次期事務総長についての合意を導くため、米国などの主要国と協議を行った結果、世界貿易機関(WTO)の機能活性化の必要性など、各種事案を総合的に勘案して、このような決定を下したと産業通商資源部は説明した。

産業通商資源部は5日、兪明希本部長がこの日、次期世界貿易機関(WTO)事務総長の候補職を辞退し、これを世界貿易機関(WTO)に通知する計画だと明らかにした。

WTOは、昨年下半期に事務総長選出のため、計3回にわたって加盟国協議を進めており、昨年10月末にWTO加盟国によって次期事務総長選好度の結果を発表した。しかし、加盟国らが次期事務総長の選出に合意できない状態が現在まで続いてきた。

WTO内のすべての意思決定は、すべての加盟国の全会一致が原則で、特定の候補の選出に反対する加盟国がない場合に限って、候補が事務総長になることができる。

韓国は兪明希本部長を立てて、過去3度目となるWTO事務総長に挑戦したが、次回以降に期待を託す結果となった。

なお、兪明希本部長の辞退によって、ナイジェリアのオコンジョイウェラ候補が事務総長に就任する可能性が高い状況となっている。

関連記事(外部サイト)