韓国ヒュンダイ・アップルとの交渉中断、複数メディアが報道

韓国ヒュンダイ・アップルとの交渉中断、複数メディアが報道

韓国ヒュンダイ・アップルとの交渉中断、複数メディアが報道(画像提供:wowkorea)

ブルームバーグ(Bloomberg)通信に続いて、自動車専門メディアであるオートモーティブのニュースも、ヒュンダイ(現代)自動車とアップルの協力議論が中断されたと6日(現地時間)報道した。

このメディアは状況に詳しい消息筋を引用し、アップルはヒュンダイ・KIA車と電気自動車生産について協議を進めたが、最近の議論が中断されたと伝えた。

これまでアップルは極秘に自律走行電気自動車であるアップルアイカー(icar)を生産するためにヒュンダイ自動車と交渉をしてきたと、このメディアは伝えた。

しかし、ヒュンダイ自動車がこのような事実を是認したことに、アップルは不快感を覚え、最近になり議論を中断したことが分かった。

KIA自動車の株価は、アップルと協力のニュースが流れた後、14.5%急騰した。アップルとヒュンダイ間の議論が再開されるか、再開されるとしたらいつかはまだ不透明だとオートモーティブニュースは伝えた。

そのほかにも障害もある。ヒュンダイとKIAの両ブランドのどちらがアイカーを生産するかについて、ヒュンダイグループ内部の紛争である。米国ジョージア州にあるKIA車工場でアイカーを生産する可能性が大きいことが知られていたがヒュンダイとKIAはまだ内部で調整が出来ていないとした。

ブルームバーグ通信も、アップルとヒュンダイの電気自動車生産の交渉が、最近になり中断されたと匿名の情報源を引用し、報道した。

アップルとヒュンダイの交渉がいつ再開されるか、あるいは再開するかどうか自体も不確実であり、アップルは、ヒュンダイ以外に、他の自動車メーカーと電気自動車の生産に関連する議論を進めているとブルームバーグは伝えた。

関連記事(外部サイト)