アストラゼネカワクチン75万人分24日から順次供給、10日に最終承認=韓国

アストラゼネカワクチン75万人分24日から順次供給、10日に最終承認=韓国

アストラゼネカワクチン75万人分24日から順次供給、10日に最終承認=韓国(画像提供:wowkorea)

アストラゼネカ新型コロナワクチンが、24日から75万人分接種(150万dose)が順次供給されると韓国政府が8日、明らかにした。キョンサンブクド(慶尚北道)アンドン(安東)にあるSKバイオサイエンス工場から物流センターに移送された後、全国の医療機関に流通される予定である。

政府は当初、アストラゼネカワクチンの接種対象者を、高齢者施設・病院入所者、医療従事者などとしていた。海外で2月中旬以降に導入されるファイザーワクチンは、別途冷凍保管が必要で、予防接種センターで接種しなければならない。高齢者施設など団体施設の高齢者は、移動が難しくファイザーワクチン接種が難しい。政府は、高齢者施設などには訪問接種を計画した。

アストラゼネカワクチンは5日、食品医薬品安全処、中央薬事審議委員会の審議の結果、18歳以上に投与するよう推奨した。ただし満65歳以上の場合、まだ臨床データが不足しており使用上の注意事項に「慎重に決定しなければならない」と反映することにした。つまり、許可内容上、65歳以上の接種は可能だが、医師の判断に委ねることになる。実際の接種計画は、今後、疾病管理庁予防接種専門委員会で議論される予定である。

しかし防疫当局の8日の定例会見で、アストラゼネカワクチンの65歳以上の接種の可能性が浮上し、今後の動きが注目される。

チョン・ウンギョン疾病管理庁長はこの日の定例会見で「アストラゼネカワクチンの場合(中央薬事審議委員会の審議の結果)高齢者層の臨床の参加者が十分ではなく、効果を確認するには限られており、追加の臨床結果を見ている」とし「すでに中央薬事審議委員会は、18歳以上の接種を許可し、許可内容と臨床結果などを確認していく」と述べた。

チョン庁長は続いて「これらを総合的に判断し、予防接種の専門委員会の審議を経て、接種計画をどのように調整するかを決定する」と付け加えた。

この日一緒に会見に出席した、チェ・ウォンソク高麗大学感染内科教授は「11月まで臨床データを見ると、あまりにも(高齢者の)参加者数が少なく判断ができないが、12月までに収集されたデータで、ワクチン接種群が対照群に比べて(感染)発生件数が少ないのは確かで、全体的な(臨床的)効果とは大きく変わらない傾向を示している」と述べた。

チェ教授は続いて「今悩むべき内容は、高齢者がワクチンを接種するか否かについての結論が出るまで、韓国で使用可能なワクチンなどを総合的に判断すべきことだと考えている」と付け加えた。

ナム・ジェファン、カトリック大学生命科学教授は「母親が80代だが、アストラゼネカワクチン接種を当然推奨する」とし「接種の順番が回ってきたら、どのワクチンだろうと関係なく、接種を勧めるだろう」と述べた。

アストラゼネカワクチンの韓国内最終許可については、10日食品医薬品安全処の最終点検委員会で決定される。実際の満65歳以上の接種についてなど、全体的な接種計画は最終点検会議の結果発表後、疾病管理庁の予防接種専門委員会で決定される予定である。

ワクチンは、2月末から接種できるよう供給準備に入った。防疫当局は「現時点でアストラゼネカワクチンが24日から数日間順次供給されるものと予想している」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×