韓国統一部長官、脱北者の定着教育機関を非公開訪問「職員を激励」

韓国統一部長官、脱北者の定着教育機関を非公開訪問「職員を激励」

韓国統一部長官、脱北者の定着教育機関を非公開訪問「職員を激励」(画像提供:wowkorea)

韓国のイ・インヨン統一部長官が最近、統一部傘下の脱北者の定着教育機関「北朝鮮離脱住民定着支援事務所」(ハナ院)ファチョン(華川)分署を非公開訪問していたことが確認された。

9日、統一部によると、イ長官は今月5日、陸軍第15師団を訪問し、ハナ院華川分署を訪れて内部の職員らを激励した。

該当日程は訪問1〜2日前に決まったというのが、統一部の説明だ。

これまで統一部は、長官のハナ院への訪問日程などは最大限非公開で進めてきた。ハナ院は脱北者定着教育機関という特性が反映されたという見方だ。

一方、一部では統一部がイ長官の第15師団訪問日程を積極的にメディアに伝えたことと比較し、今回の「ハナ院日程非公開」の事実を批判する主張が出ている。

関連記事(外部サイト)