身体じゅうにあざ10歳女児、叔父の家の浴槽で死亡…叔父を立件=韓国

身体じゅうにあざ10歳女児、叔父の家の浴槽で死亡…叔父を立件=韓国

身体じゅうにあざ10歳女児、叔父の家の浴槽で死亡…叔父を立件=韓国(画像提供:wowkorea)

キョンギ(京畿)ヨンイン(龍仁)市のアパートで身体じゅうにあざのある小学生が浴槽で溺れて死亡する事件が発生し、警察が捜査に乗り出した。

警察と消防などによると、8日午後12時35分ごろ「姪が浴槽で溺れ、息をしていない」との通報があった。

通報を受けアパートに出動した救急隊は、水の張られた浴槽の中で意識を失ったAちゃん(10)を発見した。

Aちゃんは心肺蘇生術を受け病院に運ばれたが、意識は戻らず死亡が確認された。

Aちゃんを診療した医療陣は、Aちゃんの身体から虐待の形跡を発見した。身体じゅうにあざの跡が残っていたという。

医療陣は児童虐待が疑われるとして警察に通報し、警察はすぐに捜査を開始した。

警察は最初に通報したAちゃんの叔父B氏を虐待の容疑者とみて身柄を確保した。

この過程でB氏は一部虐待の容疑を認めたものと伝えられた。

警察はB氏を児童虐待致死の容疑で立件し、具体的な事件の経緯などを調査する方針だ。

警察関係者は、「Aちゃんが叔父夫婦と一緒にいるようになった経緯や虐待の過程、死亡との因果関係などについて多角的な捜査を行う方針」だと話している。

関連記事(外部サイト)