「新型コロナ支援金1400万ウォンを受け取った文大統領の息子、提出した被害事実確認書は『わずか4行』」=韓国野党議員室

「新型コロナ支援金1400万ウォンを受け取った文大統領の息子、提出した被害事実確認書は『わずか4行』」=韓国野党議員室

「新型コロナ支援金1400万ウォンを受け取った文大統領の息子、提出した被害事実確認書は『わずか4行』」=韓国野党議員室(画像提供:wowkorea)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領の息子であるムン・ジュンヨン氏(38)が、ソウル市に「新型コロナウイルス被害緊急芸術支援」を申請する際、被害事実確認書に他の申請者に比べて簡略な内容を記述したことが分かった。

国民の力のクァク・サンド議員室は9日、ソウル市傘下のソウル文化財団から「新型コロナウイルス被害緊急芸術支援」を申請した281人の被害事実確認書を提出させて調査した結果、最終46人(チーム)が選ばれて支援金を受け取ったことが分かった。なお、ムン・ジュンヨン氏は85.33点で、全体の34番目であったことが確認された。その結果、ムン・ジュンヨン氏は1400万ウォン(約131万円)の支援金を受け取った。

クァク・サンド議員室によると、脱落した235人のうち215人は、ムン・ジュンヨン氏より詳細な被害事実を記載したが、脱落したことが分かった。

関連記事(外部サイト)