WHO「新型コロナ武漢発症の証拠見つけられず」=韓国報道

WHO「新型コロナ武漢発症の証拠見つけられず」=韓国報道

WHO「新型コロナ武漢発症の証拠見つけられず」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症の起源を調査するために、中国武漢を訪れた世界保健機関(WHO)の調査チームが、コウモリからウイルスが由来されたという従来の主張を再確認した。しかし、ヒトにウイルスを移した「中間宿主」は見つけられなかったと打ち明けた。トランプ元米国大統領などが主張した「武漢ウイルス研究所流出説」に線を引いた。

ロイター通信によると、WHO調査チームを率いるピーター・ベンエンバレク博士は9日、武漢で開かれた記者会見で、「新型コロナウイルスの起源を把握するためのすべての作業は、コウモリを自然宿主(natural reservoir)と指している」と述べた。

ベンエンバレク博士は引き続き「新型コロナウイルスは“中間種”からヒトに移った可能性が最も高い」とし「新型コロナウイルスの正確な中間宿主は見つけられなかった」と付け加えた。

新型コロナが発症した時間と場所については、2019年12月華南市場外で既にウイルスが広がっていた証拠を見つけたとし、華南市場が最初の発祥地という既存の意見を否定した。

ただし2019年12月以前、武漢または他の地域で新型コロナが発症したという証拠を見出せないとしながら、調査結果で新しい情報がいくつか発見されたが、新型コロナ発症についての劇的な変化はなかったと告白した。

ベンエンバレク博士は、トランプ前大統領が新型コロナウイルスの起源として挙げた武漢ウイルス研究所からウイルスが流出したという主張は、「可能性が非常に低い」と事実上否定した。

関連記事(外部サイト)