IOC「森委員長の“女性卑下”発言、完全に“不適切”」=韓国報道

IOC「森委員長の“女性卑下”発言、完全に“不適切”」=韓国報道

IOCは、森喜朗 東京五輪組織委員長の発言が「完全に不適切だ」という立場を明らかにした(画像提供:wowkorea)

IOC(国際オリンピック委員会)は、森喜朗 東京オリンピック・パラリンピック組織委員長の女性卑下発言が「完全に不適切だ」という立場を、きのう(9日)明らかにした。

ロイター・AFP通信によると、IOCはこの日 声明を通じて「森委員長の最近の発言は、IOCの献身や2020年オリンピックの改革に矛盾するものとして、完全に不適切だ」と批判した。

IOCは去る4日、朝日新聞側に送ったEメールで「森委員長は、発言に対して謝罪した」とし「IOCは、この問題は終わったものと考える」と伝えていた。

しかし 非難の世論が続いたことで、慌てて事態の火消しに乗り出したものとみられると、共同通信は報じた。

この日 IOCは、森委員長への辞任圧力については言及しなかった。

ただ「東京オリンピック組織委員会も、森委員長の発言が不適切だと判断し、男女平等に対する意志を再確認している」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)