米国務省「新たな“対北接近法”をとる」…「日・韓と緊密に協議」

米国務省「新たな“対北接近法”をとる」…「日・韓と緊密に協議」

米国務省はバイデン米政権の対北政策について、「新たな接近法」を選ぶだろうと語った(画像提供:wowkorea)

米国務省は ジョー・バイデン米政権の対北政策について、自国民と同盟国たちの安全を維持するための「新たな接近法(new approach)」を選ぶだろうと語った。

これは「日本と韓国、その他の同盟国たちと緊密に協議・調整されるだろう」と伝えた。

今日(10日)米国政府が運営する国際放送“ボイス・オブ・アメリカ(VOA)”によると、国務省の報道官は9日(現地時間)の定例会見で、バイデン政権の新たな対北接近法について先のように伝えた。

バイデン政権は 価値外交に基づいて、まず 同盟国間の力が強固に統合されてこそ、中国・ロシア・北朝鮮などからの脅威に対応できるとみている。

この報道官は、“バイデン政権が北朝鮮に対する関与が遅くなることで、北朝鮮が米国の関心を引くために核・ミサイル実験をする可能性を懸念しないのか”という問いに「それよりも懸念されることは、日本・韓国と緊密に調整されないようになる状況だ」と答えた。

つづけて「イラン問題でも北朝鮮問題でも 米国が性急に動けば、同盟国たち・パートナーたちが米国と共に進めない危険があると考える」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)