「“武漢コロナ”ではない」に傾いたWHOに、「笑う」中国

「“武漢コロナ”ではない」に傾いたWHOに、「笑う」中国

WHO調査チームは、武漢が新型コロナの発源地ではないということに重きを置いた発言をした(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症の起源を調査するために 中国武漢を訪れていたWHO(世界保健機関)と中国による共同調査チームは、断定こそしなかったが 武漢が新型コロナの発源地ではないということに重きを置いた発言をした。

ロイター通信によると、WHO調査チームを率いるピーター・ベンエンバレク博士はきのう(9日)武漢で開かれた記者会見で、新型コロナが発病した時間と場所について「2019年12月 華南海鮮市場の外で、すでにウイルスが拡散していたという証拠を見つけた」として、華南海鮮市場が最初の発源地だという既存の意見を否定した。

また ドナルド・トランプ前米大統領などが新型コロナの発源地として目していた武漢ウイルス研究所からウイルスが流出したという主張に対しても「可能性は非常に低い」として、事実上の否定をした。

つづけて 新型コロナの起源を把握するにおいて、コウモリが自然宿主である可能性があるが「そのコウモリが武漢にいた可能性は低い」と主張した。

このような発言は、新型コロナが武漢から発源したという可能性を全て否定したことを意味している。

ベンエンバレク博士は「新型コロナが動物から華南海鮮市場へと拡散していった過程は非常に複雑で、国境を越えてきた可能性もある」として、新型コロナが外国から武漢へと流入した可能性を示した。

また「輸入冷凍食品を通して、新型コロナが流入してきたという仮説もまた可能だ」として、最近の中国側の主張に同調する姿までみせた。

この日 記者会見に同席した中国国家衛生健康委員会の梁万年 専門家チーム長は「ウイルスが2019年末 武漢で確認される前に、他の地域で拡散されていた可能性がある」と主張した。

関連記事(外部サイト)