米「中国はWHO調査チームに“透明性”を示さなかった」と批判

米「中国はWHO調査チームに“透明性”を示さなかった」と批判

米政府は 中国が十分な関連資料をWHO調査チームに提供しなかったと批判した(画像提供:wowkorea)

中国武漢を訪れたWHO(世界保健機関)の調査チームが、新型コロナウイルス感染症の起源を糾明できなかったと伝えたことについて、米政府は「中国が十分な関連資料を提供しなかった」と批判した。

フランス“AFP通信”によると、米国務省の報道官は9日(現地時間)記者たちに「これまで中国政府が国際社会、そして我々に必要な透明性を示さなかったと、明確に考える」と語った。

つづけて「科学ではない他の何かによって動機づけを受け 性急に結論づけるよりは、データが我々をどこに導くのか、科学が我々をどこに導くのかを見て、これを基に結論を下さなければならない」と付け加えた。

米ホワイトハウスの報道官もこの日の会見で、WHOの調査の結果について「米政府は、今回の調査の計画および実行に関与していない」とし「結果と根拠データを独自に検討する」と明らかにした。

つづけて「我々だけの専門家チームを(中国に)派遣することが重要だ」と強調した。

WHO調査チームは、この日 中国武漢で記者会見を開き「新型コロナが武漢で発源したという証拠はみつからなかった」と発表している。

関連記事(外部サイト)