新型コロナ新規感染者395人、外国人の集まりでクラスター発生=韓国

新型コロナ新規感染者395人、外国人の集まりでクラスター発生=韓国

新型コロナ新規感染者395人、外国人の集まりでクラスター発生=韓国(画像提供:wowkorea)

新型コロナ感染者が10日(午後6時基準)395人発生した。

保健当局によると、10日6時現在、全国17広域市・道のうちチョルラナンド(全羅南道)とテジョン(大田)を除く15の市と道で感染者が出た。

前日(9日)の同時間帯の364人より31人増えており、夜中の追加感染者を考慮すれば前日と同じ400人前後になると予想される。

地域別にはキョンギド(京畿道)152人、ソウル152人、インチョン(仁川)・プサン(釜山)が24人、クァンジュ(光州)10人と集計された。

クラスターと分類されたソウルのヨンサン区(龍山区)での知人の集まりは、新たに6人の感染者が発生し、累積感染者が40人になった。

ソウル市によると、龍山区の知人の集まりでの感染者の大半が外国人で、国籍はヨーロッパやアフリカなどだ。

ソウル市は今月1日、最初の感染者が通った外国人教会で、一緒に礼拝に参加した人やその家族に、感染したと推定している。

関連記事(外部サイト)