バイデン、習主席との初の電話会談で「人権弾圧の懸念」を強く発言

バイデン、習主席との初の電話会談で「人権弾圧の懸念」を強く発言

バイデン米大統領は、習近平 中国国家主席と就任以降 初の電話会談を行なった(画像提供:wowkorea)

ジョー・バイデン米大統領は、習近平 中国国家主席と就任以降 初の電話会談で、中国による人権弾圧問題について言及した。

10日(現地時間)ロイター通信によると、米ホワイトハウスの発表からの引用で、バイデン大統領はこの日 習主席との初の対話で、香港と新疆自治区で起きている中国政府による人権蹂躙と弾圧に対する根本的な懸念を示したと伝えた。

また バイデン大統領は、米国は自由で開放されたインド・太平洋地域に対して、優先的な関心を持っている点も強調した。

つづけてホワイトハウスは、両国の首脳が気候変動と兵器拡散防止に対しても、両国の観点についての意見交換をしたと説明した。

バイデン大統領は 習主席との初の電話会談で、中国の“アキレス腱”である人権問題とインド・太平洋地域を言及したことは、今後 米国の対中国政策が強硬であることを示唆するものとみられる。

関連記事(外部サイト)