米CDC「ワクチン接種者、コロナ感染者と接触しても“隔離の必要ない”」

米CDC「ワクチン接種者、コロナ感染者と接触しても“隔離の必要ない”」

米CDCは、新型コロナワクチン接種者は、新型コロナの感染者と接触したとしても 隔離される必要はないと伝えた(画像提供:wowkorea)

米国疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を完全に終えた人は、新型コロナの感染者と接触したとしても これ以上 隔離される必要はないと伝えた。

10日(現地時間)ロイター通信によると、米CDCは「隔離される必要がない人は、基準に符合するワクチンを完全に接種した人だ」と説明した。

米CDCが提示した基準は、ワクチンを全量摂取し 最後の接種後から3か月以内での新型コロナ患者と接触であり、その接触後 無症状でなければならない。

関連記事(外部サイト)